1. TOP
  2. 日記
  3. あなたも清水富美加のように幸福の科学に入会すれば幸せになれる?!

あなたも清水富美加のように幸福の科学に入会すれば幸せになれる?!

 2017/04/10 日記  

さて、あなたは幸せであろうか

多くの人が批判的な意見やコメントを言っている
けど彼女が幸せであればそれで良い
と言うよりも他人のことをとやかく言う必要は無い
それよりも自分が幸せになることを考えた方が良い

アドラー心理学的に言えば
課題の分離である
清水富美加が何しようが
あなたの課題ではない
あなたの課題は
あなたが幸せになることだ

清水富美加は幸せになることを選んだ
ただそれだけである

だいたい清水富美加自身が
幸福の科学に入っていることは悪くない
彼女の両親が幸福の科学の信者なのだから当たり前の話である

いわゆる親の洗脳である
あなたも親の洗脳を受けて育ってきている

親の常識があなたの常識
あなたの常識は親の洗脳によるものである

例えばあなたの食の常識
全て親の洗脳である

例えば
関東では、しらたきと言い、関西では糸こんにゃくと言う
関東では、いなり寿司は俵型、関西では三角形
関東では、餅は四角、関西では丸い
関東では、オニギリと言い、関西ではおむすびと言う

どちらも間違っていない
どちらも正しい

それぞれが
その人にとっての常識
親の常識を引き継いでいる

詳しくはこちら
人は寂しい生き物だ
僕も実際1人は寂しい
だから何か心のよりどころになるというもの
精神的な支柱になるものが欲しい。
それが宗教であれなんであれ

その人にとって安心するものがあれば、それほど心強いものはない

それが清水富美加にとっては幸福の科学と言う宗教であっただけの話だ
世界ではキリスト教やイスラム教など様々な宗教がある
そして多くの人がそれを宗教を信仰している

日本ではあまりそういう宗教的な信仰をしている人は少ないのではないだろうか
私自身、特にこだわった宗教というものもない
日本人だから仏教徒と言えばそうなのかもしれないが特に習慣的に何をするという事でもない

けどこの精神的支柱、心の拠り所がある人というのは強い
人間として人として生きる

と言う意味において
多くの日本人よりもやはり世界のそれぞれの宗教を信じている人の方が強いと感じる

例えば英語圏においては
絶対的な「神」というもの存在する
英語は文型で能動態と受動態がある
例えば
Benz invented the automobiles.
ベンツが車を発明した。
が能動態で

The automobiles were invented by Benz.
車はベンツによって発明された。
が受動態

あなたも中学時代に勉強した記憶があるだろう
be動詞+過去分詞で「〜された」
By〜で「〜によって」
という意味である

思い出しただろうか?

そして感情を表す他動詞
例えばsurprise
サプライズ

I was surprised at the happening.

この例文で言えば
「私はハプニングで驚かされた」
という意味だが
本当は文の最後にby〜とあるはずなのだが
by〜の部分は省略される
英語は誰もがわかる当たり前の単語は省略されるのだが

ここではby Godが省略されている
受動態的に言えば「私は神に驚かされた」
能動態的に言えば「神が私を驚かした」
という意味である

英語圏の国では神が存在する
全ての事象は神が行なっているという概念がある

良いことも悪いことも
全て神が行なっている

だから感情を表す他動詞では
通常受動態になりby Godが省略されているのである

嬉しい出来事
嬉しい感情
悲しい出来事
悲しい感情

全て神が行なっているのである

だから何が起ころうと
それは神が下した決断、行為であり
そうしたことから
心の支え
精神の支えが「神」なのである

こんなことからも英語圏の人達は
神と言う絶対的な存在が心の支えになる人たちは強い

同じように
キリスト教や
イスラム教
ユダヤ教や
ヒンズー教などの
宗教を信仰している人達も
心、精神の支えがあるから強い

一方
日本は基本的には仏教なのだろうが
私は仏教徒です
というのはあまりいないのではないだろうか

私自身も特に信仰している宗教は無く
父親の先祖代々のお墓のお寺が
曹洞宗らしいのだが

へぇ〜
というくらいで
特に道元の曹洞宗に何か関わっているでも全くない
その程度だ

日本人の中でも強い人がいる
上記のように宗教熱心に進行している人
僕は野球をやっていたので高校野球を例に出すならば
宗教系の高校野球チームは強い、例えば
天理高校
智弁学園
創価高校
PL学園
などなど

もちろん、チームのメンバーが全員その宗教に入っているわけではない
私立なのでお金で選手を獲得しているのもある

子供の頃に甲子園の高校野球を見ていた時に
PL学園の選手達が
桑田清原が
バッターボックスに立つ際
ユニフォームの胸の中に忍ばせているお守りを
握っている姿を見て
当時はなぜかわからないが
カッコいいなあと
子供ながらに思っていた

PL教
お守りという
精神的支柱があったから
かんなに強かったのもあるのだろうと
今振り返ると思う

そんな宗教信仰の弱い日本では
やはり1番の心の支えは家族だろう

奥様
旦那様
子供

家族

これが1番の支えではないだろうか
特に男性にとっては
奥様のために
子供のために
家族のために
仕事などが頑張るのではないだろうか

もちろんボク自身も家族が心の支えの1番だ

奥様
子供
家族のために
なんでも頑張れる

もしボクが独り身だったら
確実に
今のようには頑張らない

さて
あなたの心の支えは何だろうか?

もし、今何もないのであれば
清水富美加のように
幸福の科学に入会してみるのもどうだろうか

もちろんどの宗教でもいい

おそらくハッピーになれるのだと思う

もちろん宗教に入らなくてもいい

心の拠り所があればいい

あるいは
結婚をしてみればどうだろうか

精神的支柱ができる

ハッピーな人生を送れる

今日もハッピーな1日を過ごせたボクだった

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!