1. TOP
  2. 車・バイク
  3. 天才ライダー 阿部典史(ノリック)を事故死させたのはセブンイレブンのトラックだった

天才ライダー 阿部典史(ノリック)を事故死させたのはセブンイレブンのトラックだった

阿部典史

セブンイレブンの商品などは好きですし、ビジネスのシステムとして素晴らしいものをもってますので参考になります。
セブンの内部を知りたくてアルバイトしたことも実はあります。^-^

比較するために他のコンビニなども知りたくてファミリーマートなどでアルバイトしたこともありますが、やはりセブンは優れていました。

コンビニだけではないのですが、色んなサービス業を参考にしたいと思い、今まで、コンビニチェーン、牛丼チェーン、ハンバーガーチェーン、カレーチェーン、居酒屋チェーン、結婚式場、披露宴、ホテル、バー、飲み屋さん、個人経営店など100店舗以上経験してきました。

それは色んな経験ができて良かったと思っています。飲食店をやる方はそういう経験も良いかもしれませんね。

例えば、レインズインターナショナルの西山社長。

牛角を始めた会社です。

創業当時はうまく行かなくて、西山社長は社長であることを隠してマクドナルドにアルバイトに行きます。

そしてマックのシステムを盗みとり牛角を今のここまで持ってっくる事ができたのですね!

私もマクドナルドで社員として働いていましたし、上記のように色んな飲食店など経験しましたけど、マックではかなり店舗運営、店舗経営学べますのでおすすめします。

私の今があるのもマクドナルドのおかげです。^-^

話がそれました。

セブンイレブンが嫌いになったきっかけは2007年10月7日のノリックこと阿部典史(あべ のりふみ)の事故死が原因でした。
彼はまさに天才ライダーでした。

日本人ライダー初の世界チャンピオン取れるんじゃ無いかというくらいの逸材でした。

「ノリック」という愛称で世界中のファンから親しまれ、、、

長髪をヘルメットからたなびかせ、、、

コーナーでの独特のかっこいいライディング、、、、

今でも現役の史上最強のライダーといわれている「バレンティーノ・ロッシ」

彼は阿部の勇姿に憧れ自らを「ろっしふみ」と名乗ったエピソードが物語っている。

後にバレンティーノ・ロッシは、自分からサインを求めたのは後にも先にもノリックだけと語っている。

それほどまでの天才ライダー、ノリックが神奈川県川崎市の片側2車線の一般道で突然の事故死となります。

原因はセブンイレブンの配送4tトラックに激突。

現場はUターン禁止区域。

それなのに、セブンイレブンの配送4tトラックはUターン。
それによる事故死。

しかもドライバーは警察の事情聴取に道を間違えてUターンしてしまったと答えているが、実はいつもその場所でターンしていたことが判明。

配送店舗の厳しい時間を守るにはそれをしないと、時間に遅れてしまうという事実。

過酷な労働条件下、配送遅れなどすればドライバーが弁償させられる形。

セブンイレブンが物流会社へ弁償請求、、、、、

これが日本の物流システムの実態、、、、

配送会社としてもドライバーにしてもセブンイレブンの指示を守らなければ契約をきられてしまう、、、、、

世にある子会社や下請け業者がかわいそうな構図ですね。

それを承知でする大元、親会社。

日本の陰の部分を物語っています。

しかし、彼の1994年の弱冠19歳での鈴鹿デビュー戦は衝撃的でした。

当時のトップライダーケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン等のインを差してましたからね!

本当に惜しいライダーでした。

本当に悔やまれます。

今でもセブンイレブンを見るとノリックを思い出してしまうのです、、、、、

この動画をみるといつも号泣してしまいます、、、、、

この記事も泣きながら書きました、、、、、、
ノリック
Rest In Peace

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

阿部典史

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!