1. TOP
  2. グルメ・飲食店
  3. ヴィンテージケーブがアナザースカイで幻冬舎の見城社長に紹介された

ヴィンテージケーブがアナザースカイで幻冬舎の見城社長に紹介された

ヴィンテージケーブ

「Vintage Cave Honolulu」

ヴィンテージケーブとはハワイホノルルにある

会員制超高級レストランである

そこがテレビ番組のアナザースカイで紹介されていた

基本的にテレビ取材は受け付けないのであるが

ヴィンテージケーブの運営会社の会長は日本人であり

その会長と幻冬舎の見城社長は以前からの知り合いで

見城社長が何度も頼み込むことにより

今回のテレビ紹介が実現した

ヴィンテージケーブの場所は

日本人がハワイに行けば、ほぼ100%の方が訪れるであろうアラモアナショッピングセンターにある

だがほとんどの人が、それがあることをわからないだろうし

入口さえ見つけることができないような場所にある

ハワイの高級レストランといえば

一等地のビーチサイドにあり

きれいなビーチを眺めながら

あるいは

きれいなサンセットを眺めながら

愛する家族や、恋人

気の合う仲間や友人と過ごすのが

最高の時間であるだろう

だがヴィンテージケーブは違う

超富裕層のみをターゲットにし

会員制で

会員権が5万ドルコースと50万ドルコースがある

日本円で言えば

600万円コースと6000万円コース

ゲゲゲッ!

普通の人ではもちろん入会できず

完全に世界中のVIP、経営者、有名人など

シンプルにお金持ちしか入会できない

子供メニューはなく

子供同伴であれば大人と同じメニューを注文し

周りのお客様に迷惑をかけるようであれば

入店お断り

しかも

ハワイだっていうのに

地下に店舗があり

外の景色が見える窓は一つもない

完全に下界から隔離された場所にある

逆にいえば、誰にも干渉されなくてすむ場所なのである

ちょうどこれは子供の時に

作っていた、憧れていた

自分だけの「秘密基地」

まさにその言葉一語に集約される

大人になってからそのような

他の人たちには知られていないような

自分だけの特別な場所

大人になってからの「秘密基地」

そらがまさにここにある

この店舗を作るのに〇億円かかっており

店内にある調度品であるアート作品を含めれば

数十億円という額がかかっている

ピカソ、モネ、ダリを始めとした数々のアート作品

バイオリンの名器と言えばストラディヴァリウス

店内の造形の一部としておかれているピアノは

あの名器

「スタンウェイ」

ただ単に食事をする場所というよりも

美術館の中でアート作品を鑑賞しながら食事ができるところ

と言った方が良いだろう

店内に足を一歩踏み入れれば

その荘厳さに圧倒されることだろう

またこのヴィンテージケーブの上の階のフロアーにはフードコートがあるのだが

ここではビール1杯1ドルで販売している

私自身の店舗はこのフードコートにあるのだが

夕方になればロコ達で大盛況だ

同じ場所であるのに

かたや1杯1ドルのビール

もう一方では1杯数十万円のワイン

まさに底辺と頂点が同居する場所

ホノルル1の繁華街であり一流ブランドショップが立ち並ぶワイキキ カラカウア通り

ブランド品を買いにくる富裕層がいる一方で

カラカウア通りにはホームレスも多数いる

まさに底辺と頂点が同居する場所

非常にハワイらしい独特の実態を醸し出している

ヴィンテージケーブはもともと会員のみ

あるいは会員の紹介のみの人しか利用は出来なかった

しかしあまりにも色々なところで評判になり

(たとえばこんな感じ↓↓↓↓↓)

http://tabi-labo.com/55127/hawaiibestrestaurant/

会員以外にも利用させてほしいということで

今では会員ではなく一般の方でも利用できるようになっている

が、もちろん価格などには差があり

会員の価格よりも一般客の価格は割高になっているし

メニューもシェフおまかせコースのみになっている

もちろんドリンクなどは別料金なのでそれなりの金額にはなってしまう

でもこのヴィンテージケーブとフードコートは是非経験してみてほしい

特に飲食店経営者には経験してみてほしい

1ドルでビールが飲める低価格帯の飲食店

1杯数十万円のワインが飲める高価格帯飲食店

両極端の飲食店が同じ場所にある

両極端の飲食店が同じ場所で経験出来る

自分の店舗とそれぞれの店舗を加減方式で体感し

これからの自分の店舗経営の参考にしてもらいたい

あるいは

夫婦や家族、恋人との記念日などに利用するのもいいだろう

もしサプライズをしたいというのであれば

私に言っていただければお手伝いさせていただく

なぜ私がこんなに詳しくてごり押しするかって?

私がハワイで会社を経営しているのは

私のブログの読者であればほとんどの方がご存知だとは思うが

実はこのビンテージを運営する会社の会長と知り合いであり

私はこの会社に投資しており会員にもなっている

上のフロアのフードコートにも店舗を持っている

だからだ、、、、、

私自身もハワイに行くたびに

両極端の店舗を体感することにより

学びを得ている

添付の動画 アナザースカイを見て

少しでも興味をもってみたら是非利用してもらいたい

極上の料理と

極上の時間と空間を体験できるだろう

私のアナザースカイ

もちろんハワイだ、、、、、、

私のハワイの店舗で使っているパスタの麺

これは 日本のある製麺所で作っているのだが

日本国内で「特許」を取得している

乾麺でなく生麺だというのに

数か月の賞味期限がる

これが特許をとれた製法なのであるが

当店だけでなくハワイの多数ホテル、レストランなどでも使用されている商品である

なぜこんなにも使われているのかというと

その商品が 「グルテンフリー」だからだ

グルテンフリーと聞いて何だそれ? という人も多いだろう

日本ではまだまだその認知度は低い

だがアメリカでは何年も前から急成長している市場なのである

詳しく書くと長くなるので簡単に書くと

セリアック病や食物アレルギーの改善

健康やダイエットにも非常に良いということで

アメリカでは周知の事実である

アメリカでは飲食店に行けばグルテンフリー食材を選べる店舗がどんどん増えている

ハリウッド女優や有名セレブ達が実践しているのがきっかけで急速に広まっていった

最近来日していたあのミランダ・カーも実践者の一人で

子供にも実践しており、誕生日ケーキなどにもグルテンフリー食材を使用している

スポーツ選手で言えば

テニス世界一のジョコビッチも実践者で

世界ランク1位に上り詰める原動力は、グルテンを断ってから11ポンド(約5kg)やせ、

スピード、柔軟性、集中力が増したと述べている

この製麺所の商品が

今年アジア最大の、外食・中食・小売・卸・商社に向けた食品・飲料の国際専門展示会「FOODEX JAPAN 2015」が開催され 食に関心の高い女性たちが好む食品・飲料を選び、次のトレンドを発掘す『「FOODEX美食女子」グランプリ2015』と

ママ目線で子供に食べさせたい食品・飲料を『「FOODEX美食女子」ママの愛グランプリ2015』の受賞ノミネート全47製品の中にノミネートされた

そして、『「FOODEX美食女子」グランプリ2015』の方でグランプリを獲得した

私はハワイの店舗では経営者、投資家、オーナーという立場なので運営には携わっていない

運営はある人物に任せている

それが前述の製麺所の息子さんである

息子さんといっても、私とほとんど変わらない年齢であり

日本でも色々な業種業態の飲食店を数十店舗運営する優秀な経営者である

この経営者とも色々と話し

グルテンフリーの市場は日本ではまだまだ浸透していないから

アメリカで売ったらヤバくね?

日本ブランドだし!

みたいな軽いノリで アメリカアマゾンで売り始めたのだが

なんと

アメリカアマゾン販売数ランキングで1位を獲得してしまった

もちろん日本のアマゾンでも販売しているのではあるが

日本では全然売れない

やはり国民への浸透度が違うのを実感する

今では アメリカへの本格的な販売進出として

アメリカ本土に製麺工場を作っている

もし ダイエットを成功させたい

アレルギー体質を改善したい

健康な体でいたい

という人は

グルテンフリー商品を中心とした生活に 移行してみるのもいいかもしれない

もちろん私は いつもこの製麺所のグルテンフリー麺を食べている、、、、、

グルテンフリーのグルテンとは

小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種であって

簡単に言ってしまえば「麦」のことだ

2年前くらいに日本に入ってきて少しづつ実践してきている人も増え

結果が出てきている症例は多い

アレルギーが治ったとか

ダイエットがうまくいったとか

体調が良くなったとか、、、、

要するに

グルテンを含む食品をできるだけ

食べない

体内に入れないことにより

上記の結果が出るわけだ

グルテンを含む食品というのは

例をあげれば

パン、パスタ、、ピザ、ラーメン、うどん、餃子

カレー、ハンバーガー

ケーキ、クッキー、お菓子

揚げ物全般

ビール

などなど

要するに戦後アメリカから大量に入ってきた

小麦粉などによ製品

それにより

日本人の体にも良くも悪くも変化が生じてきた

日本人本来の食事

ご飯に味噌汁、豆腐や魚などを中心とした

食生活にすればいいわけだ

が、それがなかなか難しい

たとえばビールなんてほとんどの方が好きであろう

アメリカではグルテンフリービールなんていうのが

当たり前にあるわけだが

実は日本にも一つだけある、、、、、、

ビールというか発泡酒になってしまうのであるが

キリンの「のどごし生」である

これは原料が小麦ではなく大豆からできている

細かいことをいいだすと調味料など色々と含めれば

ほとんどの商品にグルテンが含まれてたりする

全くグルテンを取らないようにするというのは

実際問題かなり大変な作業である

しかしそこまで出来なくても

体質改善ができることは実証されてきている

もし少しでも気になった方は

少しづつでも実践してみるのもいいかもしれない

 

日本全国どこの飲食店でも1万円分食べ放題できる方法はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

ヴィンテージケーブ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!