1. TOP
  2. 子供・家族
  3. 311ボクの誕生日

311ボクの誕生日

 2017/03/11 子供・家族 日記 自論  

今日は3月11日僕の誕生日

45歳になった

40歳も過ぎると何歳になろうが

特に何も感じないのだが

まあ長生きはしたいと思っている

90歳まで生きるとして

ちょうど半分の45歳

でも

あと45年後なんて

今より科学、医療の分野なんて

とてつもなく進んでいるだろうから

おそらく100歳くらいなんて

普通に生きられるのだと思う

と、考えると

今まで生きてきた時間よりも

長い時間をこれからを過ごすことになる

45年という歳月は

人によっては長かったり短かったり感じるのであろうが

ボクは良い意味でも悪い意味でも

色々な経験をしてきたので

とても満足している

もちろんまだまだやりたいことなんて

山ほどある

隣の芝生は青く見える

人は無い物ねだり

自分の持っていないものは手に入れたくなる

他を見始めたらキリがない

上を見始めたらキリがない

他人と比較することなく

自分がどう感じるか?

ただそれだけでいい

バイオロジカル的な見地から見れば

ボクの生物としての役目は終わっている

生物は種の保存

子孫繁栄

を目的として生きており

1つでも多くの生命を後世の為に

誕生させなくてはいけない

自分の生命があるということは

後世に引き継ぐ為には

最低1つは生命を誕生させなくてはならない

ボクと奥様の間には

3つの生命体が誕生した

3つの生命体を誕生させた

生物としての役目は終わった

生物としての役目は果たした

生物としての任務は終了した

だから

今死んだとしても

バイオロジカル的な見地から考えれば

後悔はない

しかし

ボクは

人類 ヒト科ホモ サピエンスに属している生物

ヒトは

他の生物と違い

著しく「脳」が発達した

脳内の神経細胞は

大脳だけで数百億個

小脳だけで数千億個

脳内全体で千数百億個もの神経細胞がある

脳細胞と脳細胞を結び放射状に張り巡らされるシナプスは無数に広がっている

このシナプスの多さが大人になってからの能力に

大きく関わってくる

このシナプスは大人になってからでは増殖しないので

幼少期のうちにどれだけ増やしておくかが

子供への教育としては最重要課題だ

例えて言えば

大人になった時に

脳内にwindows95がインストールされているか?

脳内にwindows10がインストールされているか?

答えは明白である

この放射状のシナプスの構造を

トニー ブザン氏によって開発された

のがあの有名なマインドマップである

最近ではアプリなど色々とあるので

使っている人も多いだろう

けど

パソコンやスマホでマインドマップはやらないほうがいい

マインドマップだけではなく

パソコン以外で出来ることはパソコンを使わないほうがいい

出来るだけ次元が多い方がいい

ミンコフスキー空間の

ミンコフスキー教授の教え子であり

数学者リーマンがつくった

リーマン幾何学から

時間と空間の歪みを説明した相対性理論

その相対性理論を説明したアルバート アインシュタインの

一般相対性理論と特殊相対性理論

(*わかりやすい相対性理論のはなしはこちら)

ちなみに

特殊相対性理論より一般相対性理論の方がかなり難しい

それを参考にすると

画面という2次元世界ではなく

紙にペンで書くという3次元世界

それに

時間と歪みという空間が加わる4次元世界の方が

脳に刺激が加わるので

脳内能力が発揮されるし発達する

だから

パソコンやスマホでスケジュール管理している人よりも

物理空間の手帳でスケジュール管理している人の方が能力を発揮する

逆説的に言えば

パソコン、スマホでスケジュール管理している人は脳が退化する

もっとわかりやすく

おそらくあなたも実感していると思うが

車で初めての目的地に行く場合

ナビを使っているだろう

それ以前は地図を片手に目的地に向かっていた

ナビを使うと

常に真上が進行方向、最短距離で案内してくれる

脳は思考停止状態

一方

地図を使うと

地図は基本的に真上が北

それを脳が進行方向と東西南北を一致させる電気信号を走らせる

そして目的地と現在地から

道の太さ細さから

行きやすさ

最短距離などをはじき出す

曲がる場所などの目印を頭にインプットする

脳がフル回転する

そして2回目にその目的地に行く場合

ナビの場合

もう一度目的地をセットする

地図の場合

1回目で基本的に道を覚えてしまう

大脳皮質   

海馬

扁桃体など様々な脳の器官がフル活動する

ナビに頼っていると

何回行っても道を覚えない

地図を使うと1回で覚えてしまう

あなたはどちらかいいだろう?

他にも本なども同様だ

4次元的物体の紙の本と

アマゾンKindleなどの電子書籍

電子書籍は場所もとらないし確かに便利なんだけど

紙の本を読んだ後と比べると

頭に入ってきている情報量が圧倒的に違うのである

確かにパソコン、スマホを使った行為は便利だ

けどそれは実は脳を退化させてしまっている

よく小説家や物書きの人達が

パソコンよりも手書きの方がいいという人が多いが

それは相対性理論的にも脳内科学的にも正しいことなのである

だからボクも以前は

スケジュール管理もマインドマップも本も電子書籍でパソコン、スマホを使っていた

便利だから、、、

でも今では

スケジュール管理もマインドマップも

手書きでやっているし

本も紙の本を買っている

現代では時代遅れ的に見られるだろう

でも、こっちの方が自分の感覚的にもいいし

脳科学的にもいいし

相対性理論的にもいいんだからやらない理由はないのである

だいぶ話が脱線した

話を元に戻そう

ボクの誕生日だ

長男、長女、次男坊

ボクと奥様の子供

ボクと奥様の子孫

ボクと奥様の生きた証

人類ヒト化ホモサピエンスの子孫

 

今日もたくさんの子供たちが誕生してくる

明日もたくさんの子供たちが誕生してくる

明後日もたくさんの子供たちが誕生してくる

来週も

来月も

来年も

 

そして永遠にこれが続くよう

子供の誕生を皆で祝おう

子供たちを大事にしよう

 

子供たちを大事にすれば

その子供たちが大人になり

そのまた子供たちを大事にするだろう

 

「保育園建設反対?」

「ベビーカー邪魔?」

「子供の声がうるさい?」

「男性保育士には女の子を担当させるな?」

 

著しく低次元な話である

こんなマイノリティなんか相手にしなければいいだろう

こんなマイノリティの誕生日なんか祝わなくていいだろう

 

これから誕生してくる

子供たちを祝おう

これからの後世を引き継いでくれる

子供たちを祝おう

 

そして

ボクたちをこの世に誕生させてくれた

両親に感謝しよう

 

お父さんお母さん

この世に誕生させてくれてありがとう

 

あなた達から引き継がれたものを

子供たちへ託しました

 

子供たちも

きっとこの流れを汲んで

きっと引き継いでくれるでしょう

 

ボクの誕生日

祝ってくれた人たちありがとう

 

毎日が

誰かの誕生日

みんなおめでとう

 

これから産まれてくる子供たち

みんなおめでとう

 

誕生日

 

生命が誕生した日

それだけで有難い、、、、、

 

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!