1. TOP
  2. 自論
  3. 目標・夢を達成する為のたった1つの方法  ①

目標・夢を達成する為のたった1つの方法  ①

 2016/01/09 自論  
夢、目標
どうも、シュウ アズナブルです。
年始になると
毎年毎年
今年1年の目標や夢を掲げる人も多い
そして1年を経過し
その目標や夢をかなえた人が
どれだけいるだろう?
あなたは
どうだろう?
昨年の初めに掲げた目標や夢を
はたしてかなえる事ができただろうか?
もしかなえる事ができたのなら
それは非常に素晴らしいことだ
なかなか達成できる人はいない
そのまま今年も同じように
夢・目標を掲げ
実践していけばいいと思う
そもそも
夢や目標を立てていない
という方も多いだろう
けど
それだとやはり、だらけた生活になってしまい
充実しない1年を送ってしまう
充実しない人生より
充実した人生を送った方が
やはり良いのではないかと思う
だいたい
夢や目標を立てるというと
よく定義づけられたりしてしまう
夢とは〇〇だ
とか
目標とは〇〇だ
とか
夢と目標は意味が違う!
とか、、、、、、
あとは
目標を達成するための〇〇だとかいって
目標達成シートみたいなテンプレートに書き込んで、、、、、
有名なのは
SMARTの法則とかだろう
Specific ( 明確・具体的であること )
Measurable ( 計測できること )
Attainable ( 達成可能であること )
Realistic ( 現実的であること )
Time-bound  ( 期限が明確であること )
それぞれの頭文字をとって
SMART
Aの部分をAchievable やAttractiveと言ったり
Tの部分をTime-orientedやTimed、Timelyと言ったり
まあどれも同じような意味である
マクドナルドでは上記の単語で教わった
で実際にSMARTの法則でやってみると
ほぼほぼ目標が達成される
面白いように、、、、、
けどこれって
会社などで上司とかに定期的にチェックされたりして
見張り、監督者のような人がいるから
半強制的にやらざるを得なくなって
否が応でも達成できちゃう!
でもこれだと個人、プライベートで考えると難しいところがある
人ってなまけものだから
もちろん私もそうだけど
なかなか自分に厳しくできないところがある
目標に向かって継続していくって本当難しい
だから
仕事では成果とか目標を達成する人は
多かったりするのだけれど
プライベートに関しては
思い通りになってなかったりする人が多い
私もそうだった
だから
いわゆる
自己啓発書や成功法則など
何百冊と読んでいた
その中でも
やはり一際輝いて
衝撃を受けた本が1冊だけあった
それがあの有名な
神田 昌典さんの
「非常識な成功法則」だ

この本には脳みそを
グランッグランッと揺さぶられた
ここに書いてある、あることをしてみた
それが
「紙に書く」
ということなのだが
半信半疑で自分の夢をいくつか書いてみた
するとどうだろう
想像以上の結果が次から次へと叶っていった
今までと違い
思考が現実化することに
途中で怖くなってきたことを覚えている
ただ紙に書いているだけなのに、、、、、
それからそのあたりの
潜在意識や脳について
色々と調べるようになった
思考が現実化するメカニズムが
論理的に知りたかったからだ
ただ夢や目標を
「紙に書く」
だけで達成するというのは
あまりにもオカルト的なので
どうにか自分で自分を納得させたかったのである
そしてようやく自分なりの解釈で
自分を納得させられたのであるが
脳、潜在意識というものは
考えたことを現実化させようとする
それが
良いことだろうが
悪いことだろうが
区別せず、いや区別できずに
現実化させようと
脳、潜在意識はフル回転する
そしてまた
潜在意識には
過去、現在、未来という概念が
存在しない
だから潜在意識としては
考えたもの、ことが
思考と同時に
現実として目の前に存在しているのである
だから
目の前にないと分かった瞬間に
目の前に存在させようとして
現実化に自動的に動き出すのである
だからよく言われることであるが
悪いことばかり考えている人
ネガティブ思考の人には
悪いこと
ネガティブなことが起こる
逆に
良いことばかり考えている人
ポジティブ思考の人には
良いこと
ポジティブなことが起こる
これは言葉にも通じていて
ネガティブな発言ばかりする人は
ネガティブな結果が訪れる
ポジティブな発言ばかりする人は
ポジティブな結果が訪れる
さらに
同じポジティブな発言でも
たとえば
〇〇になりたい
〇〇がほしい
というような希望的なこと言葉ではなく断定してしまうと良い
ワンピースのルフィで言えば
「海賊王に俺はなりたい」
ではなく
「海賊王に俺はなる!」
と将来を断定してしまっている
こう断言することにより
実際にそうなってしまう
だからルフィは近い将来
海賊王になってしまう
もっと突っ込んで潜在意識をフル活用してしまえば
潜在意識は
過去、現在、未来という概念がない
だから
「俺は海賊王だ」
と言ってしまう
その方が潜在意識は
現実と言葉、思考とのギャップを埋めようと
フル稼働するので
夢や目標までの時間が短縮されるのである
でもルフィが
「俺は海賊王だ」
と言ってしまうと
すぐに海賊王になってしまい
ワンピースは終了してしまうので
漫画としては
「海賊王に俺はなる!」
くらいがちょうどいい、、、、、
まとめると
夢や目標を「紙に書く」
それを本気で達成しようと強く思い
朝起きた時と夜寝る前に
毎日眺める
本気で思っていれば
潜在意識が勝手に達成するように行動を促してくれる
単純に
「紙に書く」
ただそれだけでい
重要なので繰り返す
「紙に書く」
「紙に書く」
「紙に書く」
「紙に書く」
「紙に書く」
「紙に書く」
と言っても
ほとんどの人がやらない
統計的にそういうデータが出てしまっている
仮にこれを100人読んだとしたら
実際に実行し継続する人は
1人くらいである
だからだ多くの人が
夢や目標を達成できないのは、、、、、
だまされたと思って一度やってみるといい
潜在意識の恐ろしさを痛感することであろう
重要なのでもう一度だけ言う
「紙に書く」
ただそれだけでいい、、、、、
続編はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

夢、目標

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!