1. TOP
  2. 自論
  3. 男性は子育てと家事を経験した方が仕事もプライベートも上手く行き人生をハッピーに過ごせる

男性は子育てと家事を経験した方が仕事もプライベートも上手く行き人生をハッピーに過ごせる

 2014/09/19 自論  
子育て

私には

3(男)、7(女)、13(男)歳の子がいます。

現在43歳。

30代の10年間は、仕事、仕事、仕事、仕事、、、、、、

だけの人生でした。

30代前半はまだ起業していなく、サラリーマンという立場だったので、それはもう、えたひにんのように、消耗品の歯車として使われそれはもうひどいものでした、、、、、

朝出て行って夜中の2時3時の帰宅

24時間店舗になんか配属された時は、スタッフ不足だと帰って来れないので、家を出る段階で制服を3着くらい持って行き数日、家に帰って来れず、、、、、

サービス残業なんか当たり前の話で、時給換算すると1時間500円にもならない給料、、、、

もちろん休みなんてなく、、、、、

今、思うとよくやってたなあ?とつくづく思います。

でも、当時の飲食業会はそれが当たり前みたいなところがありましたからね!

つい、数年前くらいからですね、残業代不払いだ、なんだのってさわがれて労働環境が改善されてきたのも、、、、、

飲食業会の方は痛感していると思います。

33か34歳くらいで起業し、これで普通の生活が送れる!

と思ったのが間違いで、独立したら責任はすべて自分。

自分も家族も守らなくてはいけないし、自分の会社のスタッフの生活も守らなくてはいけない、、、、、

幸運にも売り上げがよく、忙しい毎日だったのですが、以前と変わらぬ朝から晩まで休みなく、、、、、、

家にいる時間はほとんどなく、、、、、

家族、子供達と過ごす時間はありませんでした。

長男、長女のおむつ交換や一緒にお風呂に入った記憶もなく、保育参観、授業参観も行った事もありませんでした。

そのまま数年が経ち30代後半へ、、、、、

そして、初めての家族ハワイ旅行!

あまりにもハワイの人たちが皆のんびりと幸せそうにくらしているのを目の当たりにして、

「何やってんだ俺?」

と思い、仕事優先のスタイルを家族優先のスタイルにシフトする決意をする。

そして3人目の子供でやっと子育てというものを経験して初めてわかりました。

なんて子供ってかわいいんだろう!

なんて子供って純粋なんだろう!

なんて子供と一緒にいることが楽しいんだろう!

、、、、、などなど

長男、長女とこんな時間を過ごしてこなかったことを今更なが
ら強烈に後悔しています。

と、同時に

子育て

掃除

洗濯

お買い物

食事の準備

保育園の送り迎え、、、

などなど

なんて母親って大変なんだろう!

って痛感しました。

30代の10年間、私は妻に

「家にいるんだから◯◯やっとけよー!」

「俺は仕事なんだから◯◯はお前がやることだろー!」

などなど、、、、、

今思うと、何を言ってたのだか、、、、

妻に申し訳なく思います。

自分で子育て家事を経験する事により、改めて母親、女性というものに偉大さを感じました。

今、小さいお子さんをお持ちのパパ。

これから子供が産まれるというパパ。

これから結婚するであろう若い子達へ、、、、

「子育てと家事は経験した方がいい!」

皆さんも心のどこかでは感じているのだと思います。

なぜ、男性は子育てと家事をした方がいいのか?

「日本が平和になる!」

からです。

ちょっと話が飛躍しすぎていますが、、、、真実です。

実際に子育てと家事を経験をされた方ならわかるでしょう。

めちゃくちゃ大変です。

例えば、私の家族構成1歳赤ちゃん、5歳長女、11歳長男の

例で言えば、、、、

朝起床

赤ちゃんにミルクを上げる

朝ご飯の用意をして上の子供達の朝食

長男を小学校へ送りだし

長女と赤ちゃんのお着替え

赤ちゃんをかかえながら長女を保育園へ送りとどける

洗濯

お風呂掃除

掃除機かけ

洗濯干し

赤ちゃんのごはん

赤ちゃんのオムツ交換

夕食のお買い物

長男帰宅

赤ちゃん抱えて長女の保育お迎え

夕食の用意

子供達の食事

お風呂入れ

子供達を寝かしつける、、、、

ざっと簡単に上げただけですが、これこなすだけで1日終わってしまいます。

専業主婦(夫)でもいっぱいいっぱいです。

ましてや、仕事やパートに出ていたらもっと時間に追われます。

ゆっくりと食事取る時間もありませんし、、、、

お風呂にゆっくりと入れません、、、、

というか入るのはおろか、自分の髪の毛も体も満足に洗えません

赤ちゃんの夜泣きで夜も熟睡できません、、、、

赤ちゃん、子供達が親の言う事を聞く訳もなく、予定通りに物事がすすみません、、、、、

自分のやりたい事も一切出来ずに時間、日々が過ぎて行きます、、

自分でこれらを経験してみて、初めてわかりました。

「子育てと家事」がいかに大変なのか?

ある日曜日。

妻がいない初めての日。

妻は出かけるときに「大丈夫?」

と聞くので、

「大丈夫だよまかせろよ!心配しないで行ってこいよ!」

と、意気揚々と送り出す。

妻が朝出かけて、精一杯頑張って2時間後、、、、、

ギブアーップ!^-^

長男はゲームで、、、

長女はお人形で、、、

次男はそこら中這い回り、ドンガラガッシャーン、、、、、

あっちでピーチク、、、、

こっちでピーチク、、、、

限界で妻に電話

「何時に帰ってくるの?」

妻「えっ、家でたばっかりじゃん、、、、、わかったなるべく早く帰るから、、、、、」

そこから数時間、妻が帰ってくるまで格闘。

私にとって長い長い1日でした^-^

今となっては慣れたので1日妻がいなくても子供達と過ごせる

ことができますが、とりあえずなんとかなってるレベルです。

きちんと子供にあった食事作ってあげて、、、、

掃除もきちんと綺麗に出来て、、、、

なんて全く出来ていません。

1日子供達だけと過ごせますが、

「子育て」

というレベルではなく、単なる

「子守り」です、、、、、^-^

子育て、家事を自分でしてみて初めて気づきました。

これがきちんと出来る人は仕事もできる人だな!と、、、、、

子供がいると予定通りに物事が進みません、、、、、

掃除、洗濯、食事の用意、など一つ一つこなしてたら終わりません、、、、、

これ仕事と同じなんです。

仕事は予定通りに事は運びません、、、、、

仕事を一つ一つこなしてたら、たまる一方です、、、

例えば私で言えば、子供3人。

長男をうまく利用します。

長男に指示を出し長女次男をうまくコントロールさせます。

すると私が、浮けるのでやりたい事ができます。

掃除や洗濯など先の事を考えて、並行してこなして行く事により時間を生み出せます。

仕事でいえば、経営者や部下を持つ上司は、スタッフ・部下をうまく育成コントロールすることが出来ます。

子供達もスタッフや部下も言う事聞かないから手こずりますよね?

スタッフ、部下の方々はすみません、、、、、^-^

「人」をうまくまとめられる経営者、上司はやはり優秀ですよね?

並列思考で仕事をする人はやはり、作業スピードが早いです。

飲食店とかしてるとその辺り如実にわかってしまいます。

平日の昼は基本的に主婦パートさんがお店を運営してくれます。

どこの飲食店も基本的にそうですが、学生バイトが運営する夜時間帯よりも、主婦パートさんが運営する昼のほうが運営レベルは高いのです。

でも、やはり主婦パートさんの中でも能力の差は出てきてしまいます。

それが
「子育てと家事」

をきちんとしている人かどうか?

これをきちんと出来る人は、確実に仕事できます。

男性で、子育てと家事を本当にきちんと出来る人はほとんどいないでしょう、、、、、

女性の多くはこれが出来ます。

要するに、男性よりも女性のほうが人間的能力は高いのです。

世界の国々はこれを理解しているのです。

だから、国のトップが女性であったり、女性政治家が多かったり、女性経営者が多かったり、、、

だから、男性が育児休暇をとるのが当たり前であり、男性は子育てと家事を経験する。

男性はその大変さを経験し、身をもって知るので女性に対しての見方が変わるのです。

女性って凄いな!かなわないな、、、、って、、、、

私も妻にはかないません、、、、、^-^

だから海外では「レディーファースト」みたいな文化、慣習が当たり前のようにあり、男性は当たり前のように女性を敬う。

素晴らしいですね。

日本はこの点、かなり遅れをとってますね。

亭主関白、、、、、

男尊女卑、、、、、

日本では、まだまだ残っている文化・慣習です。

女性が男性より優れている!

これ仕方ないのです。

産まれた時点で差がついています。

右脳と左脳を結ぶ脳梁。

これが男性に比べて女性の方が基本的に太いのです。

論理的思考の左脳と直感的右脳の情報のやりとりが女性の方が脳梁が太いぶん早いのです。

だから物事を総合的に判断し、決断する能力は女性の方が高いのです。

その代わり一つ一つ検証し、筋道たてた論理的思考は男性の方が優れています。

これ皆さん実感としてわかりますよね?

女性て物事をスパッスパッって決めて行きます。

男性からすると、おいおいちゃんと考えてるのかよ!って思うのですが、女性は上記から一瞬で決断できるのです。

一方、男性と話すとごちゃごちゃと理屈っぽい話を長々と話します。

討論会などであればそれはいいのでしょうけど、、、、、

だから夫婦、カッップルなど男女間の言い合いでは、理屈で論破しようとする男性と、その場その場での感情でズバズバ切り込んでくる女性。

まとまる訳がありません、、、、^-^

男の子と女の子をお持ちのパパ、ママも実感していると思いますが、男の子はまあ、言っても散らかしっぱなしで片付けられませんし自分優先で弟の面倒もほとんど見ません。

女の子は言えば、きちんとお片づけしてくれるし、母性本能なのか弟の面倒もきちんとしてくれます。

保育園ママとかと話してもこれは共通意見ですね^-^

あと家庭でもこんな事ありませんか、男性がテレビを見ている時に女性が話しかけても男性無反応、、、、、

「ねえ、ちょっと話きいてんの?」

「えっ何?」

「もういいっ!」

あららららー、、、、

私の家でも良くある光景です、、、、^-^

女性は話を聞いてもらいたい人ですからね。

でも前述のように、男性は脳の構造上、脳梁が細いので一度に一つのことしか出来ません。

テレビ見てたら他の事に脳が処理できないのです。

一方、女性は脳梁が太いので並列思考ができます。

だから何かしながら他の事もできてしまうのです。

だから、女性の方は男性を暖かく見守ってくださいね。

女性の話を無視してるわけではないのです。

脳が一つのことしか処理できないのです、、、、、

って男性都合の主張でした、、、、、^-^

私はこれらが理解できてから夫婦喧嘩というものがほとんどなくなりました。

それまでは頻繁に喧嘩してましたし、たまに大喧嘩しての繰り返しでした^-^

男女の関係がうまく行ってない方はこれを理解するといいかもしれませんね。

少しでも参考になると有り難いです。

これが分かると夫婦間の関係も良好な状態が保てます。

子供達含めた家族が良い家庭を築けます。

夫婦は愛し合う機会が増えるので子供が増えて行きます。

日本の人口減少を食い止め、人口増加に貢献します。

人口増加する国は必然的に景気は伸びて行きます。

景気がいい国はみんなハッピーになります。

ほーら、男性は子育てと家事をすると日本が平和になるでしょう?!

男性が子育てと家事をすると他にも沢山よいことがあります。

仕事を始めると成功法則や自己啓発などを学ぶ方も多いと思います。

コーチングだのミラーリングだのなんだのって、、、、

スタッフに対しては笑顔で接しなさいだとか、、、

「怒らない技術」などの本が売れちゃったりとか、、、、

以前にも書きましたが、個人的に怒らないのが社会・組織としては良いとは思いませんが^-^

怒らないようにして、余計に以前より自分がストレス貯めちゃったりして逆に悪い方向へ向かってしまったりして、、、、

でも小さい子供に対しては、怒らない方がいいですね、子供の将来に影響してしまいますので。

私自身、子育てをするようになって自然に笑顔が出来るようになりました。

やはり、自分の子には良く育って欲しいから意識してやるようになります。

それまでは、いつもムスッとした表情で近寄りがたい雰囲気を常に醸し出していたようです。

事実、以前は子供達の保育園のお迎えに行った時は、誰も近寄ってくる人はいませんでした。

しかし、今ではお迎えに行くと子供達がワイワイと集まってきてじゃれあってきます。

子供は純粋だからそういうのがわかるのでしょう。

多分私自信、気づかないところで変化しているのだと思います。

妻にも最近言われるようになりました。

雰囲気が丸くなった、、、、

表情が優しくなった、、、、

これはいい傾向ですね。

子供、妻、家族の関係が良好になりますし、仕事でもスタッフと良好な関係が築かれ会社がうまくいきます。

皆、ハッピーになります。

家事することも良い事があります。

自分自信に対して厳しくなれます。

人って自分に甘いですからね。

家事って手を抜こうと思えば、いくらでも抜く事ができます。

掃除

洗濯や食事

ふとん干したりシーツ洗ったり

などなど

自分に甘いとやはりやる頻度が落ちて来ます。

自分に厳しい人はきちんと定期的なスパンで続けます。

こういうのもやはり仕事などに出て来てしまいます。

自分に厳しい人は家事きちんとこなせるので、必然的に仕事もできる人だと思います。

おそらく経験されている方は実感していると思いますが、
子育てと家事するのだったら、仕事してた方が何倍も楽ですから、、、、、

それだけ子育てと家事は大変です。

もっと仕事ができる人になりたい!

夫婦間の関係を良くしたい!

家族の関係を良くしたい!

日本を良くしたい!

などと思ってる方は、一度、子育てと家事を経験されてみてはいかがでしょうか?

必ず何か心に変化が現れると思います。

それで良い方向に向かったら素晴らしいですね!

これらを日本のもっと多くの男性がするようになれば、日本がハッピーになります。

 

 

長文を今までお読み頂きありがとうございました。

少しでも参考にして頂けたら有り難いです。

最後に締めくくります。

★★★★★男性は子育てと家事をした方がいい!★★★★★

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

子育て

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!