1. TOP
  2. 安室 奈美恵
  3. 安室奈美恵LIVE STYLE2016-2017群馬桐生市民文化会館に行ってきた

安室奈美恵LIVE STYLE2016-2017群馬桐生市民文化会館に行ってきた

安室奈美恵

今日は4月13日
待ちに待った安室奈美恵
LIVE STYLE 2016-2017の群馬県 桐生市民文化会館公演の日だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の千葉県市川市民文化会館公演につづき
今回のライブ2回目の参戦だ

子供達3人はおばあちゃんに来てもらい
完全に任せる
千葉公演では子供達を連れて行ったが
今回はボクと奥様の2人で参戦

車に乗り込み
首都高、東北道と乗り継ぎライブ会場へ

まずビックリしたのが
駐車場が無料という事
駐車場の料金管理システムの
機械が存在しない

駐車場は料金発生するのが当たり前という
常識が脳内に潜在しているボクは
思わず駐車場を誘導してくれた係員さんに
「駐車料金はどうやって支払うんですか?」
と聞いてしまった

係員さんは
「いや無料ですけど」
という
「何を聞いてるんだコイツは?」
ときっと思ってるんだろうと思いながらも
優しく教えてくれた係員さんであった
やはり群馬県人は心優しい人が多いということを

「自信から確信に変わりました!」
とまるで松坂大輔のような心情と同化し
「ああ、ボクも群馬県出身だ!」
と、自分で自分をプレイズし
千葉にあるフェラーリショップはプライズだ
と、どうでもいい1人ボケツッコミをし
駐車場へ車を停める

会場に着くと多くの安室奈美恵ファンがすでにたくさん集まっていた
よくいる本気のファンで
特攻服を着ているような人が
いたのかもしれないけど
ボクは見つけることができなかった

スマホ画面を見せながら会場に入る
転売防止のためだけど
スマホの充電なくなったらどうするんだろう?
チケットのパスワード忘れてしまったらどうするんだろう?
「なんでだろう?」
といつも色々なことを考えてしまう癖がついている

お笑い芸人 テツ アンド トモの
「なんでだろう〜なんでだろう〜
なぜだ なんでだろうー!」

をボクの自己啓発、成功法則の
好きな言葉の1つ

に、しようと思ったことはないが
常に何にでも疑問を持つという事は重要で
与えられた情報を全て鵜呑みにする事はなくなり
他人の情報に洗脳される事はなくなる

やはり、これからはテツ アンド トモの
「なんでだろう〜なんでだろう〜
なぜだ なんでだろうー!」
これを疑問を持った時には
口ずさむようにしよう

いや口ずさんだら恥ずかしい
小心者のボクは
恥ずかしくて赤面してしまう

頭の中でグルグルと
レコード盤のドーナツのようにローテートさせよう
ディジーミズリジーのようにローテーターしよう
サバシア、マイケル、ルイス、チャド、ブライアン、アダムのようなローテンションを真似てみよう

会場ではグッズやガチャガチャなどがある
グッズは前回の千葉県市川公演で購入したので
今回はガチャガチャを2回ひく
マグネットなどが当たり
奥様も喜ぶ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと横を見ると
安室奈美恵が撮影で使ったライオンがいる
前回は長女が写真撮影をしたが
今回はボクが一緒にハイチーズ

 

 

安室奈美恵 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

ホールに入り席に着き
開演までの時間を楽しむ

 

 

安室奈美恵 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥様はライブグッズ装備で万全

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開演直前になってくると
奈美恵コールが
ドス黒い男の雄叫びと共に飛び交う

「奈美恵〜

奈美恵〜

奈美恵〜

奈美恵〜

奈美恵〜、、、、、」

これが開演まで叫び続けられる

しかし、ボクの頭の中では
イン マイ ヘッド
ルー大柴流に言っても
イン マイ ヘッド

まるでガンダム
サイド3
ジオン公国の勝利を喜ぶかのように

「ジーク ジオン

ジーク ジオン

ジーク ジオン

ジーク ジオン

ジーク ジオン、、、、」

と勝利の雄叫びをあげるように

「ジーク 奈美恵
ジーク 奈美恵
ジーク奈美恵
ジーク奈美恵
ジーク奈美恵、、、」

とこれまた
イン マイ ヘッドでローテーター
ディジーミズリジーが登場する

ライブが始まり
一曲目から最高潮の盛り上がり
「こんなのが最後まで続くのか?」
とみんなの体力を心配する間も無く
2曲目へと続く

ライブの前半には

レインボー
コントレール
アライブ

とボクの好きな曲が
リックドムの黒い三連星
ジェットストリームアタックのように
押し寄せる

最後の3曲もボクの大好きな曲

ファッショニスタ
ファイター
スクリーム


まるでスーパーギタリスト
エディー率いるヴァン ヘイレンの
衝撃のデビューアルバム
「炎の導火線」
の怒涛の3連発

エラプション
ユーリアリーゴットミー
エイントーキングアバウトラブ

の名曲のように
絶頂の盛り上がりでライブは終了する

アンコールに入り4曲
新曲が始まった途端
会場はどよめく

ラストはバースデー

とても明るくハッピーな曲でライブは終了する

奈美恵ちゃんはほとんど休憩なしで
2時間を踊りながら歌い続ける
相変わらず、他を寄せ付けない圧倒的なパフォーマンスを見せつける

ファンとのやりとりは全くなく
最後に
「今日はどうもありがとう〜
また遊びにきてね〜」

で去ってしまう

実に潔い
まるで「私はパフォーマンスを見せることが仕事なの!」
と言わんばかりの潔さ
実にいい

実際のところは

喋るのが上手くないからMCはしないそうなのだが

ファンからしたら喋ってほしいものだ^_^

 

まあ、だからだろう
奈美恵ちゃんが手をふろうものなら
そっち方面は大騒ぎだ

皆、自分に手をふられたのだろうと
勘違いしている子ばかりだ
実に愚かである

ちなみに奈美恵ちゃんは
ボクと4回目が合い
ボクに3回手をふってくれた^_^

 

安室奈美恵 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、いいのだ
皆、勘違い野郎でいいのだ
それで皆ハッピーになれるのだ

こんな時はそう
いつものごとく
バカボンのパパが登場すればいいのだ

「うん、これでいいのた!」

この一言で
問題は解決する

ボクは
いや
みんな安室奈美恵と
最高の時間と空間を過ごした
みなハッピーな時間を過ごした
とても幸せな時間だった

 

安室奈美恵 画像

 

 

 

 

 

 

 

 

そして相変わらず

可愛くて、カッコいい安室奈美恵であった

とてもハッピーな日を
今日も1日過ごせたのだ

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます↓

安室奈美恵LIVE STYLE 2016-2017 市川市民文化会館に行ってきた

日本全国どこの飲食店でも1万円分食べ放題できる方法はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

シュウ アズナブログ の注目記事を受け取ろう

安室奈美恵

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

シュウ アズナブログ の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!